daidokoro

momslab.exblog.jp
ブログトップ

常備菜と下ごしらえと oishii

今日は生協の配達日だったので、届いた野菜や買っておいた肉などを使って常備菜や下ごしらえを済ませました。このほかに夕食用の豚汁や根菜の煮物、翌朝のパンなども仕込んだので、なんだかんだで2、3時間は台所に立ってたのかな。少々大変ではありますが、これやっとくと本当に後がラクなので…野菜や肉が、ひとつまたひとつと茹でたり煮たりして器に埋まっていくのもまた気持ち良いものだったりします。

c0303061_16433534.jpg


左上がさつま芋ペースト。否、本当は甘煮だったんです!あろうことか、途中でグズグズに煮崩れ始めやがりまして、やむなくそこで甘煮はあきらめて水分を飛ばしてペーストに…orz あきらめた割に水分はしっかり飛んで茶巾絞りにできそうなので、それで冷凍するかな…さつま芋茶巾は、息子のお弁当作りをしていた頃に重宝してました。抹茶入りと2色にしてみたりもして。

さつま芋ペーストの隣が茹でブロッコリーとミニトマト。ミニトマトはいつも通りヘタを取って洗って水気を拭き、タッパーへ。なんとなく、このほうが日持ちするような気がします。

真ん中の左端はたらこれんこん。佐賀のれんこん使用です。これも息子のお弁当用に重宝してました。食感がやや落ちますが冷凍保存可能。小振りのれんこんにたらこを詰め詰めして、やや深めの器に入れて鍋で10分から15分ほど地獄蒸しにするだけです。レンジでもできますが、蒸した方が美味しいと思います。完全に冷めてから好みの厚さに切り分けると、白いれんこんにたらこが映えて結構きれいだったりするのです。炊いたもちきびを詰めて、菜の花れんこんなんつって作ったこともありました。(…が味はイマイチでした。)

れんこんの隣が茹でただけのかぼちゃ。蒸しパン、スープにもよく使いますが、面倒なときはこれを温めなおしてチョーコーのだしの素(めんつゆ)をチョロッとかけるだけで一品できちゃうので便利です。

その隣は豚小間とごぼうと玉ねぎのしぐれ煮。千切りにした生姜をチョット多めに入れて甘辛く煮付けました。これも便利なんです。お弁当にはもちろんのこと、食卓がチョット物足りないとき、このしぐれ煮と温泉卵なんかを一緒に盛り付けただけでもボリュームのある副えのおかずになるので。余りそうなときはこれも冷凍しちゃいます。

一番手前、左端は生協の加賀野菜セットに入っていた金時草の茎。茹でてもそこそこ硬いけど、炒め物にすれば結構イケるんじゃないかと思って。筋っぽさを少しでもごまかせるように斜に切ってみました。
その隣は金時草の葉っぱの部分を茹でたもの。粘りがあって、つるむらさきっぽい感じかな。酢の物にするか、辛し和えにするか、汁物に入れるか…金時草というだけあってきれいな紫色をしてるので、卵焼きなんかに入れたらものすごい色になりそうで面白そうですがww息子にキャラ弁を作ってた頃、紫芋パウダーと卵白を合わせて青色の薄焼き卵を作ったの思い出します。ふふ。)

その隣はいつものきんぴらごぼう。夫のお弁当用に小分け冷凍の予定です。
明日は薄焼き卵(水溶き片栗粉を加えて焼くと破れにくくて冷凍保存しても結構イケるのです)を作って塩鮭をお弁当用にカットしてまとめ焼きする予定。余裕があったらひじきと根菜の煮物もまとめ作りしよう。
さてと。夕食の仕上げしようっと。
[PR]
by momskitchen | 2013-10-28 17:18 | 常備菜・下ごしらえ